あの松坂選手もレーシックを受けました

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

 

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2017/08/10

シェイプアップに効果的な運動には、
有酸素運動があります。

有酸素運動というのは、
ウォーキングやジョギングなどが代表的で、
ゆっくりと長い時間続けて運動できるものが含まれます。

でも、
有酸素運動を続けることは、
普段運動をしていない人にとっては、きついことです。
わしも慣れるまで大変でした!

きついことをやって結果が出なければ、
馬鹿らしくなるという気持ちもわかります。

ところが…
目に見えないかもしれませんが、
実際には効果が出ていたはずなんですよね。

もし効果が出ていなかったとしたら、
ちょっと食べる事制限が甘かったのかもしれませんし…

有酸素運動をやっても、
なかなか効果が出なかった人は、
もとからの筋肉量が少なかったことに原因があるかもしれません。

筋肉というのは、わしたちのからだの中で
最もエネルギーを使うところです。

ですから、
食べる事制限だけのシェイプアップを行うと、
真っ先に削り落していくのが筋肉なんです。

よく食べるのを制限するだけのシェイプアップだと、
すぐにリバウンドして、
次のシェイプアップでさらにつらくなる…と言いますよね?

理由は、
エネルギーを大きく使う筋肉がすり減ってしまい、
カロリー消費の効率が悪くなってしまうからなんです。

ですから、
有酸素運動もいいですが、
筋肉をつける運動も同時並行的に
行うと効果がもっと目に見える形で表れてきます。

例えば、
腹筋や腹筋などを取り入れてみましょう。

別に筋肉痛になるくらいまで激しく行う必要はありません。
むしろ習慣づけることの方が重要!

筋肉をつけることによって、
カロリー消費の効率が上がります。

すると、同じ有酸素運動をやっても
消費されるカロリーが増えてくるんですよ。


ホーム サイトマップ