適性はレーシックの種類によって変わる

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。

 

レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。

 

レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2017/09/12

当たり前のことですが、
体質を動かすと腹がすきますよね?

でも、体操をした直後にご飯をすると、
ダイエットの効果を減少させてしまう恐れがありますから
注意してくださいね!

というのも、
体操をした直後の体質というのは、
エネルギーを大量に消費している状態です。

ですから
エネルギーを補給しようとして、食べ物などを欲するわけです。

体操をすることによって、
確かに脂肪が燃焼するなどの
ダイエット効果を期待することはできます。

しかし一方で
新たなエネルギー源を補給する形になりますから、
ダイエットの効果が少なくなってしまうのです。

なので、体操をした後しばらくの間は、
ご飯をすることは控えた方がいいでしょう。

むしろ、
体操をした後に軽く体質を動かすことの方が、
より高いダイエット効果を期待することができます。

よくスポーツ選手は、
激しい体操をした後に
軽めのランニングやウォーキングをしますよね。

「クールダウン」とも言いますが、
あのような軽めの体操をすることが
ダイエットには効果的なんです。

有酸素体操をはじめとして、
長時間体操を行うと、体操をやめた後でも
しばらくは脂肪が燃焼している状態を維持することができます。

ですから、ただ歩いているだけでも、
通常と比べるとカロリーの消費効率は良くなっているはずです。

クールダウンをして、
ゆっくりと体質を冷やしていきましょう。
そしてしばらく安静にすることです。

ご飯については、体操を終えてから
できることなら1時間、
少なくても三十分程度のインターバルを取ってから
食べるようにした方がいいでしょう。


ホーム サイトマップ